バイオフィルムとは?

バイオフィルムとは?

 

歯の表面には無数の菌が増殖しています。一般に歯の汚れといわれるものは食品由来の着色成分を除けば細菌の塊(プラーク)です。
プラークの形成は,唾液由来の糖タンパク質を主成分とした薄膜(これをペリクルといいます)が,歯面に付着することから始まります。このペリクルの上にストレプトコッカス・ミュータンス菌や、ストレプトコッカス・サングイスといわれる口腔レンサ球菌が付着してきます。これらが、グルカンやフルクタンといわれる多糖体を作ります。

 

これらの多糖体は粘着性があり細菌を歯面に付着させたり、細菌を凝集させる作用があります。付着した細菌が増殖すると歯茎の溝や歯の溝に細菌の集落を作ります。この集落を覆う膜のようなものをバイオフィルムといいます。

 

そしてこれがむし歯や歯周病の原因となります。

 

バイオフイルムは色々なところで見ることができます。排水溝や台所の三角コナーが汚れてヌルヌルするのもバイオフィルムです。口臭の原因となる舌苔や入れ歯を入れたままにしておくと、表面がヌルヌルしてくるのもバイオフィルムです。

 

そしてこれらのバイオフィルムは抗生物質などの薬剤が効かず除去もうがいや水洗などではできません。

 

 

どうしてバイオフィルムに薬が効かないの?

 

むし歯や歯周病はバイオフィルムによる細菌感染症ですが,薬による予防が進まなかった理由のひとつに、薬がバイオフィルム内部に入っていかないということが上げられます.バイオフィルムの中の細菌は糖質の膜を作り、より固いバイオフィルムを形成します。糖質により保護された細菌群はバリヤーをはった状態になっているので、その中に薬や抗生物質が入っていけないのです。では、どうすればバイオフィルムを除去できるのでしょうか?

 

 

バイオフィルムを除去するには?

 

歯の表面は歯磨きや固い食事の為に少しずつ,粗造になっていきバイオフィルムが付着しやすくなります。バイオフィルムはうがいや水洗をした程度では取り除くことができません。除去方法は家庭で行うセルフケア(ブラッシング、フロッシング、歯間ブラシを用いた清掃)や歯科医院での定期的なプロフェッショナルケア(除石やPMTC)です。


歯周組織とは?

歯は木に打ち込まれた釘のように顎骨の中にささっているのではありません。歯根が歯根膜という繊維性結合組織によって歯槽骨の中に弾力的につるされています。
この歯を支持する組織を歯周組織といい、その組織の中には歯肉、歯槽骨、セメント質、歯根膜があります。

歯肉(歯ぐき)
 お口をあけると見えるように、歯周組織の一番外側にあり外界の影響を受けやすい組織です。

 

歯槽骨
 顎の骨から伸びだしていて 歯根の周りを取り囲んでいる骨のことで歯根膜が付着しています。歯とは直接には結合してはいません。

 

セメント質
 歯根膜と結合している 歯の組織の一部です。

 

歯根膜
 セメント質と歯槽骨の間にあり歯と歯槽骨を結合する繊維で、噛むときの力が、直接顎の骨に伝わらないクッションの役割も持っています。 


日本口腔インプラント学会九州支部学術大会(宮崎県主管)2003年2月

 

2003年2月16日、シーガイヤ ワールドコンベンションセンターにて日本口腔インプラント学会 第20回記念 九州支部学術大会が開催されました。大会事務局は松井歯科医院が担当、当院院長・松井孝道先生が大会実行委員長でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ